キャリアコンサルティング技能士とは、キャリア開発支援のプロフェッショナル(熟練レベルまたは指導レベル)であると認められた国家資格者のことです。

キャリアコンサルティング技能士会について

設立目的

キャリアコンサルティング技能士会は、キャリアコンサルティング技能士が、自らの資質の向上を図り、社会的な責任を果たし、キャリアコンサルタント全体の社会的信頼と認知を高めることを目的として設立されました。(会員規程 第2条より)

言い方をかえますと、

  1. キャリアコンサルティング技能士としての拠り所・研鑚の場として
  2. 社会的責任を共に果たしていく職能集団として
  3. キャリアコンサルティングの社会への浸透と、キャリアコンサルタント全体の資質向上に資するべく

設立されているとも言えます。

国家検定制度の合格者である技能士には、資格更新制度や倫理遵守の規程はなく、また職能団体(技能士会)への入会が義務付けられているものでもありません(任意に入会いただくものです)。
制度上はこのようになっていますが、対人支援を主業務とするキャリアコンサルティング技能士にとっては、継続的な自己研鑚が不可欠であり、また倫理綱領を遵守する必要があるという認識のもと、会の趣旨に賛同いただいた上で入会されたキャリアコンサルティング技能士の集まりが、当技能士会です。

技能士会概要

名称 キャリアコンサルティング技能士会
設立 2009年(平成21年)
設立母体/運営団体 特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会
〒105-0011 東京都港区芝公園1-6-8 泉芝公園ビル5F
URL https://www.career-cc.org/
会員数 2,900名(2017年4月現在)
会員規定/倫理綱領 会員規定 [PDF]
倫理綱領 [PDF]
※当技能士会は、キャリアコンサルティング協議会が定める倫理綱領を採択しています。
倫理綱領本文中の「キャリアコンサルタント」を「キャリアコンサルティング技能士」に読みかえてください。