キャリアコンサルティング技能士とは、キャリア開発支援のプロフェッショナル(熟練レベルまたは指導レベル)であると認められた国家資格者のことです。

キャリアコンサルティング技能士とは?

キャリアコンサルティング技能士とは、国家検定制度である「キャリアコンサルティング技能検定試験(1級または2級)」に合格された方に対して与えられる称号のことです。

平成28年4月に新設された名称独占資格である「国家資格キャリアコンサルタント」は、試験に合格することに加え、登録を行い、5年毎の更新(講習受講が必須)を行うことが求められる等、一定の資質保障がなされております。ですが、基となる試験の能力水準については旧制度でいう「標準レベル」であると国は位置づけております。

これに対して「2級キャリアコンサルティング技能士」は熟練レベル、「1級キャリアコンサルティング技能士」は指導レベルと呼ばれており、より高い知識とスキルを身につけていることが求められています。国の報告書では、広がりと厚みを持ってキャリアコンサルティングを提供できる、という表現が使われています。

このことは、「国家資格キャリアコンサルタント試験」と「キャリアコンサルティング技能検定試験」を受験・受検する際に要件となる「実務経験」によっても明らかです。下の図をご覧ください。「国家資格キャリアコンサルタント試験」は、「受験資格を満たす養成講座」を修了することで実務経験が不問になることに対し、「キャリアコンサルティング技能検定」については、2級(熟練レベル)については最低でも3年以上の実務経験が求められ、1級(指導レベル)については2級合格後3年以上の実務経験を積むこと等が求められています。

キャリアコンサルタント資格の体系(資格取得の道のり)

厚生労働省「平成27年度『キャリア・コンサルティング研究会』報告書」14頁を加工して掲載